数々のシーンで活躍する宅配やネット通販のメリット

特徴について

桃の詳細と現代における品種改良

桃とは日本ではよく良く知られた果実として有名です。 バラ科のモモ属で、落葉小高木の木に実は成ります。 落葉性とは種類によってバラバラですが季節が来るとその葉を落とす植物の特徴や性質を指します。 紅葉の落ち葉などがイメージとして思い描いて貰うにはメジャーなイメージと言えます。 桃は7月から8月の辺りに実が実ります。 その為、花は日本では春の3月辺りから芽吹き始める為、桃の花という春の季語がある程に有名でもあります。 花の色は紅色から白色と種類毎に様々な色があります。 この桃の花は観賞用としても品種改良された物が多々あり、花屋さんなどにも春野季節には時折売っている姿などを発見する事が出来ます。 これは源平、枝垂れと品種としては存在します。

葉と実のどちらも重宝されています

葉の方は花より遅く茂げ始めます。 時期としては品種により違いはありますが、早いモノで4月から、そして遅いモノで6月の辺りから落葉期に入るまで茂る事を続けます。 桃の葉というのは、古くから薬品の素材や材料としても使われてきた歴史があり、お手頃な物では桃葉湯という物は皮膚の炎症やあせもなどの治療に良いとされてきました。 ただどの植物においても乾燥していない葉というのは毒素を含んでいる事が多く桃の葉も例外では無い為にその点は注意が必要です。 そして桃の果実とは水分を多く含んでいる栄養価の高い果物でもあります。 アジアの大陸の歴史の文献などでは過去の様々な国々が天人や帝の食べ物と言う程に高級品でもあり医食同源の文化においても重要視されてきた果物です。 その理由は栄養が高く尚且つ水分が多い為に害虫に浸食される事も多いか弱い品質の果物でもある為、手間がかかる為に高級品であるのが背景です。 何より賞味期限は短く収穫したらどんどん木からの栄養価が供給されない為に柔らかくなっていってしまう為に保存も難しく日本でも一種の高給な果物として認知されています。 近代では缶詰などの保存方方があり身近にある果物の1つでもあります。

↑ PAGE TOP